マザー,ルーフ,脾臓,腫瘍,血管,肉腫,癌,闘病,保護犬

NEWSアースの闘病記 ~病気が発覚して1週間で亡くなりました~

マザー,ルーフ,脾臓,腫瘍,血管,肉腫,癌,闘病,保護犬
病気の発見は突然に

いつものように屋上でチェリーと兄妹仲良く遊んでいたアースが、
突然、座って動かなくなりました。
どうしたのかと慌てましたが、“いつもと違う”は病気の可能性があるので、急いで動物病院へ行きました。
病院へ行くまでの間にお腹が膨れてきました。
胃捻転だろうか?などと心配しながら病院に到着。

マザー,ルーフ,脾臓,腫瘍,血管,肉腫,癌,闘病,保護犬
「お腹が腫れるのは内臓破裂の可能性が高い」ということで、急いでエコー検査をしてもらいました。
検査の結果、脾臓に腫瘍ができているのと、血の塊のようなものがあるとの診断で、
「CT検査をして手術ができれば摘出手術をするが、できない可能性が高い」と言われました。
突然のことで驚き、検査の結果をドキドキしながら待っていたました。

マザー,ルーフ,脾臓,腫瘍,血管,肉腫,癌,闘病,保護犬
突然の手術

長い時間待っていたら、手術が終わったと、摘出したものを見せてもらいました。
緊急手術をしていただけたのです。
摘出したのは脾臓と大きな血の塊でした。血の塊は癌でした。
手術の結果、「多分、血液の癌である血管肉腫でしょう」と告げられ、
「悪性の場合、血栓や心筋梗塞になる可能性が高いので、突然死に至る可能性が高い」と告げられました。

マザー,ルーフ,脾臓,腫瘍,血管,肉腫,癌,闘病,保護犬

その日は「麻酔が切れたら連れて帰っていただいたほうが良いでしょう」との事で連れて帰ることになりました。

「夜中に亡くなることもありますので、病院にいるより自宅で皆さんに看病してもらうほうが幸せだし、
手厚い看護をしてもらえますから」ということでした。

しかし、私たちは手術をしたことで安堵して、これから回復に向かうと信じていました。

マザー,ルーフ,脾臓,腫瘍,血管,肉腫,癌,闘病,保護犬
抗癌治療まで介護を

術後は元気になり始めていました。
毎日、点滴と治療に病院へ通院しましたが、日に日に元気になって行きました。
排便排尿を屋上でするし、元気に歩くので、回復に向かっているとみんなで喜んでいました。

しかし、術後3日目の朝、顔が震えているのです。
痛みに耐えかねているような顔です。
急いで病院へ行くと、「痛いようなのでモルヒネを打ちましょう」と言われました。
そうしたら痛みが軽減したようで、ぐっすり寝るようになりました。
散歩もできるようになり、尻尾も上がって歩くようになったので喜んでいました。
「後は、ご飯を自分で食べられるようになったらいいですね」と、先生と話していました。

マザー,ルーフ,脾臓,腫瘍,血管,肉腫,癌,闘病,保護犬
ちょうど1週間目に

元気になって痛みも少し和らいできているようで、
先生と「来週から抗癌治療ができますね」と話した翌日でした。

朝、顔を見るとちょっとぐったりした感じです。
いつも朝は、チェリーと一緒に屋上で排泄をします。
アースにリードを付けても立ち上がりません。
異変を感じたので、すぐ動物病院へ行きました。
院長にすぐ点滴をしてもらって、治療をしてもらいました。
院長は何もおっしゃいませんでしたが、脳に血栓が飛んでいると思います。
本人はうつろな状態になっています。

何とか持ち直して欲しいと願いながら帰ってきましたが、意識が朦朧としているようです。
ずっと世話をしているスタッフがまだ来ていません。
最後の別れをしたいだろうと、薄れる意識のアースの耳元に大きな声で呼びかけました。
スタッフもボランティアさんも会うことができ、夕方の4時ぐらいに危篤状態になりました。
昏睡状態が続いていましたが、夜の8時40分に、みんなに見守られるようにして亡くなりました。

痛みに耐え頑張りましたが、最後は生きることはかないませんでした。

でも、最後までスタッフの大きな愛情に包まれて旅立ちました。
いろいろ大変なこともありましたが、12年という歳月を共に過ごさせてもらって、
一緒にいる幸せな時間を貰ったと思います。

アースくん本当にありがとう。
まだ頑張っているチェリーも見守ってくださいね。

マザー,ルーフ,脾臓,腫瘍,血管,肉腫,癌,闘病,保護犬

特定非営利活動法人マザールーフ