マザールーフとは

ABOUT USマザールーフとは?

マザールーフの活動は犬や猫たちが捨てられず幸せになるように

2003年にスタートしたマザールーフは「保護犬・猫の里親探し」「動物を捨てない」「動物が幸せになるための啓蒙活動」「無駄な命を作らないために避妊・去勢の啓蒙活動」「家族として迎えた動物は責任を持って飼うこと、捨てない」などの広報活動を始め、セミナーなども開催しました。

動物の保護活動は、公園に捨てられた犬の保護を中心にしました。連絡があったり、持ち込まれたりした動物もです。そして「保護した犬をセラピードッグとして活躍させたい」を目的としたNPO法人マザールーフを立ち上げ活動するようになりました。

保護した犬たちに問題行動がなければ、里親を募集するようにしました。保護の必要な犬は思った以上に多く大変でしたが、できるだけ里親のもとへ届けたいと里親探しの活動にも力を注ぎました。しかし、里親の方にお渡しするにも責任があります。救った命を預けるという責任です。求める条件は厳しいものになっていきました。例えば、犬が病気になったら病院に連れて行けるだけの経済力があるか?家族の一員として迎え入れ、家の中で飼ってくれる方か?室外で鎖につないで飼うという方にはお渡しすることはできませんでした。

里親になりたい方は多くの場合、純血種を希望され、また小型犬や子犬が欲しいということでした。私たちが公園などで保護する犬のほとんどは、大きめのミックス犬でした。里親がなかなか見つかりませんでした。引き取り手のいない犬たちは、明るく愛情表現たっぷりで、無償の愛に溢れていました。仕事で疲れた私たちに力や元気をくれ、癒しを与えてくれる犬たちでした。動物と触れ合うことで人間の免疫力が高まることも知りました。だからこそ、彼らの力を活かしてあげたいと強く思うようになりました。動物たちは人間を元気づける、無償の愛による癒しの力を持っていると実感したのです。その力や愛らしさを輝かせてあげたい、彼らの生きている証を見つけてあげたいと思ったのです。

子供の情操教育に、疲れた人たちの心のケアに、動物たちの癒やしの力を活かし、人間との第二の犬生・猫生を輝かせる場所を作ってあげたいと考えました。捨てられた犬や猫たちを輝かせるために、マザールーフは新しい活動をスタートしたいと思います。

名称特定非営利活動法人 マザールーフ
所轄庁福岡市
主たる事務所の所在地福岡市中央区舞鶴3-1-24江藤ビル302
(有限会社バットコーポレーション SKIP編集部内)
従たる事務所の所在地
代表者氏名原田 敦子
設立認証年月日2004年09月30日
定款に記載された目的この法人は老人、障害を持つ子供とその親達に対して、セラピードッグによる医療や福祉の増進に関する事業を行うと共に、多くの市民に対して捨て犬、捨て猫の里親探しを支援する事業を行うことによって命の大切さ、弱いものをいたわる心を育み、人と動物のよりよい社会の構築に寄与することを目的とする。
活動分野保健・医療・福祉/社会教育
法人番号7290005003863

マザールーフの始まりメリールーの紹介を見る